ファクタリング:手数料の相場は?

 

銀行やその他の金融機関からお金を借りる場合は金利が最も気になると思いますが、ファクタリングによって資金調達をする場合は、手数料がいくらかかるのか?という事が最も気になると思います。
では、ファクタリングの利用には、一般的にどれくらいの手数料が必要になるのか、相場をみていくことにしましょう。

ファクタリングの種類によって手数料は違う

実はファクタリングの手数料というのは、利用するファクタリングの種類によって大きく異なります。
一般的なファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングというものが存在します。
まずは、2社間ファクタリングというのはどういうものなのかご説明します。
それはあなたの会社や施設とファクタリング会社の2社の間で契約をやり取りする方法です。この場合は、譲渡する債権(売掛先の会社)は含まれていません。この場合、あなたの会社や施設の有する売掛債権をファクタリング会社に譲渡したということを、取引先の会社に知られる事はありません。一時的とはいえ、売掛金の入金を待てないほど資金繰りに困窮しているという現状を、取引先に知られたくない、そう考える場合にこの2社間ファクタリングを活用することが多くあります。しかし、売掛先の会社が倒産してしまうといったリスクが伴うため、2社間ファクタリングの手数料は少し高目に設定される事となっています。

2社間ファクタリングの手数料の相場は、概ね20%~30%

では次に、3社間ファクタリングについてご説明していきます。
3社間ファクタリングというのは、あなたの会社や施設とファクタリング会社、そして売掛先の会社(取引先)の3社の間で契約をやり取りする方法です。売掛金が発生している取引先の会社にも相談し、あなたの会社の売掛金をファクタリング会社に債権譲渡するけれど承諾してもらえるか?といったお願いをします。そして取引先の承諾を得たうえで契約することを、3社間ファクタリングと言います。
長年の取引先で付き合いや信頼が深い場合や、親族関係などの繋がりがある会社の場合ですと、困った時はお互い様ということで快く受け入れてくれる場合が多くあります。この方法の場合は3社間でしっかり合意しているので、回収不能のリスクが減るためファクタリング会社の手数料は安くなる傾向が強いです。

3社間ファクタリングの手数料の相場は、概ね5%~8%

老人ホームの経営や介護施設を運営しているといった場合は、介護報酬を債権として譲渡する形になります。
ではこの、介護報酬を債権として譲渡する介護ファクタリングの手数料はいくらくらいなのでしょうか?
これは買い取る債権が介護報酬という国保連合会を相手にしたものです。この債権の信頼度は非常に強いと言えます。なぜならば介護報酬とは公的機関相手の債権で、回収不能となる心配が全く無いからです。約2か月後には確実に回収されるので、ファクタリング会社のリスクはゼロですから、その分かなり手数料を安く設定することが可能になるためです。

介護報酬ファクタリングの手数料の相場は、概ね1.5%~5%

介護報酬を活用したファクタリングは、非常に安い手数料が相場となっています。もちろんファクタリング会社によって違いがありますが、大体の相場はこのような形になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です