老人ホームの経営-介護報酬ファクタリングのメリットは?

 

介護報酬ファクタリングと言われる、このサイトでもおすすめしている資金調達の方法は、あなたの経営する老人ホームから毎月行われるレセプト請求による介護報酬を債権として、ファクタリング会社に買い取って頂くサービスになります。
このサービスを活用することで、国保連からの払い出しに必要な2か月という期間を待つことなく、極短期間の間に現金化することが可能になり、結果的に円滑な資金調達が可能になります。
この介護報酬ファクタリングを利用するメリットには具体的にどの様なものがあるでしょうか?
その点を詳しくご紹介いたします。

素早い資金調達
介護報酬ファクタリングは審査が非常にカンタンという優れた特徴があります。銀行やその他の金融機関から融資や借入を行う際には、多くの資料や書類の提出と共に経営状態などを厳しく調査されることになります。また、銀行はなぜ審査に長期の時間をかけるのでしょうか?それは今後長期に渡って返済をしてもらわなければいけないからです。たとえば今後、5年や10年といった長期間に渡りきちんと返済してもらえる経営状態なのかを調べる必要があるからです。
しかし介護報酬を債権として買い取る介護報酬ファクタリングの場合は、長期に渡る返済という概念がありません。
レセプト請求をしてから約2か月後には国保連から確実に入金される事が予め決まっています。つまり、回収までのスパンが非常に短いという特徴があります。その為、老人ホームや施設の信用調査や経営状態などをチェックする必要がないのです。ですから審査が非常にカンタンになるということになるのです。
その為、もしも緊急な支払いの必要や、まとまった現金が必要となった場合にも、大変相性が良いサービスといえるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です