経営の安定のためにレセプト請求のミスをなくそう

 

老人ホームの経営を軌道に乗せていく上で、当然のことながら収益を安定させることが最も大切になります。
介護事業の場合は、毎月所属している国保連に介護報酬を請求する作業が必要になります。
通称レセプトと呼ばれるものですね。
これは老人ホーム施設の運営と収入に関係するものですから、決してミスなく行ないたいものです。もしこのレセプト請求でミスをすると介護報酬が正しく支払われなかったり、減額されたりする場合があります。
そしてそのミスが施設の運営や経営を圧迫する原因に繋がりかねません。
ではどのようにレセプト請求のミスを防ぐことができるのでしょうか。

レセプト請求のミスはどこで起きる?

最近はコンピュータで管理や請求を行うことができる、レセプトコンピュータ、通称レセコンと呼ばれるものが導入されて、手作業で行う部分が減ったために以前に比べてレセプト請求でのミスは大幅に減ったと思われます。
とはいえ、今でも手作業で行なわなければいけない部分もありますので、そこでミスが生じる危険性はあります。
たとえばレセプト請求の業務にまだ慣れていない事務員が作業を行なったり、介護報酬の改訂に気づかずに行なったり、そもそもの書類整理がきちんとされていない等の人為的な理由によって、最終的なミスに繋がる場合も多いと言えます。
介護報酬のレセプト請求のために、介護ソフトを導入している施設がほとんどだと思いますが、そのソフトのアップデートを怠ってしまうことで請求ミスに繋がる場合も考えられます。ITやコンピュータが得意で詳しい職員がいればその様な問題もないのですが、職場にそういった人材がいない環境だと、正確な請求を行なうのが難しくなる場合も出てくるかもしれません。

レセプト請求ミスが起きやすいのは

・単純な計算ミスや入力漏れ
・給付割合の入力ミス
・関連法規の改定や調整に関する認識不足
・点数表の理解が不足している
・安易な操作ミス

などが考えられます。こういったミスを防ぐために、施設内で勉強会を定期的に開くなどしているホームもあります。
さらに、優秀な事務員を雇ったり、訓練したりすることもとても重要になってきます。レセコンに関しても、ソフト提供の会社に、定期的な説明会を実施頂くといった場合もあります。
またレセプト代行を専門に行う業者もありますので、そこに一括して委託することでミスを防ぐこともできます。委託費用は多少かかる事となりますが、ミスのない請求が行えるので、結果的には経営の安定化が図られることにも繋がるともいえます。
レセプト請求の業務は、老人ホームの経営を行なっていく上での収益と直結しているため、非常に大切な部分になります。この部分の単純ミスや漏れを無くすことで、安定した経営を行なっていきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です